住宅ローン 借換

専任のアドバイザーが融資できる方向で相談してくれますので、
他社でお断りされた方、まずは相談してみて下さい!


ご融資どっとこむ株式会社

住宅ローンの借り換えを長期固定金利にする場合

ご家庭の状況の変動によって住宅ローンの借り換えを考えていった方が良いのではないでしょうか。

借り換えによって住宅ローンの金利条件を変えることは、将来の見通しを確実に立てるべきか否かが決断のポイントになってきます。

返済までの計画や、その家庭の将来までの見通しによって、借り換えの必要性や理想的な形は違ってきます。

固定金利で住宅ローンを利用した場合、返済が楽になる家庭というのは、家計の収入が大きく変わらず、旦那さんが安定した収入の企業に勤めており、子供も国公立に進学させる場合です。

貯蓄も出来ず、一気に返済を済ませる事のないようなご家庭は、固定金利はおすすめではないでしょうか。

今後、転職や独立、あるいは結婚などで生活の変化がある人は、変動要素は少ない方がいいので、金利変動のリスクが受けにくい固定金利の住宅ローンへの借り換えがおすすめになります。

今後、収入が減りそうな人は、変動型の、最初のうちだけ返済額を多くしておいて、その後、徐々に月々の負担額を減らすという方法です。

子供が産まれ、子育てが始まり、夫婦の片方が仕事を止めなければならない家庭、あるいは転職の予定がある人もです。

子育て開始と前後して家を購入した場合、住宅ローン返済の前半期は子どもの養育費などの影響でローン返済以外の支出が多く、収入と支出との見通しが不透明になりがちです。

なので、子育てが一段落して家計に余裕が出るまでの10年は固定金利型、その後は変動金利型のミックスプランの住宅ローンに借り換えるという方法もあります。

住宅ローンの借り換えによって返済総額を少しでも減らすことができるのならば、育児や介護など、事業の関係などで今後の支出が増えそうな人は検討してみて下さい。

専任のアドバイザーがご融資できる方向で相談を承ります。


 

サイトマップ